TV

トップコート事務所のオーディション基準は社長?採用されるには?




51枚入使い捨て不織布マスクが500円台で送料無料!

こんにちは!

 

11月5日(火)プロフェッショナル仕事の流儀に芸能事務所トップコートの社長である渡辺万由美さんが出演され、反響がすごいですね!

 

ということで今日は、

  • トップコート事務所のオーディション基準は社長?採用されるには?

について調査して行きたいと思います!

トップコート事務所のオーディション基準は社長?採用されるには?

トップコート事務所のオーディション基準は社長!

 

とっても素敵な芸能事務所「トップコート」。

社長の人望あっての会社というのが「プロフェッショナル」でよくわかりました。

 

そんな事務所に入りたい!と思うタレントの方も多いと思いますが

オーディションの倍率はどのくらいなのでしょうか?

 

応募数の公表などされていないのでそこに関しては不明なのですが、

少数精鋭であえて人数を増やさないという信念を貫いているため、

かなり難易度が高く有名芸能事務所の中でも合格率が低いとされている研音以上の合格率の低さのようです。

 

また、プロフェッショナルで渡辺万由美社長面接までいくのは年に2〜3回あるかないか

 

とのことなので、応募が増えれば増えるほど厳しく、

また、選考基準は先見の明のある社長の最終判断によるものが大きそうです。

 

トップコート事務所に採用されるには?

 

先ほども少し話したように、採用基準は「社長のお眼鏡にかなう方」なので

渡辺万由美社長にとってのアンテナに引っかかる必要があります。

 

プロフェッショナルでは、渡辺社長は雰囲気を見ていると言っていました。

 

顔は修正が今はいくらでもきくから、と。

 

ただどういった雰囲気を求めているかまでは語られませんでした。

 

また、採用基準として次の基準をあげていました!

 

 

「努力できる才能」

 

あの人気急上昇中の中村さんは15年も努力し続けたということですよね。

ただ努力するだけでなく、努力し続けられる人。

そこが大きな採用基準になってくることと思います。

 




トップコート事務所や社長についての反応

 

【まとめ】トップコート事務所のオーディション基準は社長?採用されるには?

  • トップコートのオーティションの基準は他の人の意見も多少はあるが、最終的には社長の判断が大きかった!
  • 採用基準は特に「努力できる才能」

 

以上でした!

 

渡辺万由美社長の関連記事はこちら!